せまい部屋

web/gameエンジニアのweblog

Fitbit AltaHR買った

最近時間にゆとりがあるので早寝早起き、健康志向を目指すべくここ数年話題のアクティビティトラッカーを使ってみることにしました。同僚の人が使っていたのもあってこの手のプロダクトといえばFitbitみたいな印象があったのですが、いざ調べてみるとGarminエプソンからも引けをとらない商品が出ているみたいです。
どのアクティビティトラッカーでも割りと計測できる項目というのは似通っていて、各社のどのモデルを購入するかで防水防塵や心拍測定、GPS搭載等が異なります。今回自分のケースでは、歩数計、心拍数、睡眠トラッキング、たまにランニングという用途で検討した結果AltaHRを買いました。

AltaHR

www.fitbit.com

商品到着時の充電は僅かで、電池残量が少なすぎたのか原因は不明ですが初回連携のペアリング時に「ディスプレイ上に表示される4桁のコードを入力してください」がアプリ上では指示されましたが、本体側には何も表示されませんでした。時は21世紀ですが困ったらリブートの法則に従い再起動して連携してみると難なく連携でき事なきを得ました。ちなみに再起動には充電ケーブルを接続した上でUSB側についているハードボタンを適当な間隔で3回押すというテクが必要になります。パッケージと中身はapple製品にも通ずる簡素なやつで、謎の分厚い説明書とかはありません。

f:id:takoji3:20180226101451j:plain f:id:takoji3:20180226101604j:plain

専用の連携アプリを利用して手始めに2,3時間使用してみると歩数、移動距離と心拍数もしっかり取れているようで前評判通りの機能を発揮しているようでした。睡眠管理がしっかり動くのかどうか今後検証してみたいと思います。

f:id:takoji3:20180226134655p:plain

週1回〜はランニングするようにしていてGPS内蔵モデルなら経路までしっかり記録できるわけですがアクティブなランナーでもないのであくまで健康志向なデータが残せればよいかという結論で今回のAltaHR購入となりました。一応スマホを持ち運んで一緒に走れば経路も残せるような感じがしているので、下調べどおり満足できる機能群ではありそうです。
最新モデルのIonicも目を引く感じでしたが、如何せん健康に気を使ってみようかなーという自分のようなビギナーユーザーには価格がネック…機能はもちろんGPSも搭載。問答無用ですべてを活動計測していく強い気持ちなら手を出してみたい一品という感じがしました。
向こうしばらくは早2年を経過しているiPhone6sのバッテリーが芳しい性能を発揮できていないので、常時Bluetoothオンにするような運用体制で充電難民にならないか経過観察していきます。

広告を非表示にする